HOME...知的財産部門...特許化までの流れ

知的財産に関する相談・セミナー案内

知的財産部門

届出書等様式について

発明等の届出書[Wordファイル][PDFファイル]を参照ください。

発明から権利化までの流れ

本学では、発明審査委員会の審議を踏まえて、次の1.~5.の流れに沿い特許出願から権利化までの手続きを行っております。

1. 発明の届出
職務発明規程に基づき発明審査委員会にて、法人として特許出願を行なうか否かの審議を行なっています。本学の発明者から知的財産部門へ「発明等の届出書」を提出いただきます。企業との共同発明についても同様です。
委員会は毎月1回程度の開催となっています。審議には時間を要しますので学会発表などの予定がある場合には、余裕を持って早めの届出をお願いいたします。
企業等の共同出願者から、出願の希望日などがある場合でも、委員会の審議を行なう必要がありますので、早めの届出をお願いいたします。
出願前に学会等で発表した発明については、公開後6ヵ月以内に限り特許法30条の適用により特許出願可能です。ただし、外国出願の際などに制限が付く場合があるので、事前に「発明等の届出書」の提出及び特許出願の手続きをお願いします。
2. 発明審査委員会での審議
発明等の届出書の内容を基に、特許性・市場性・事業化の可能性の有無などの事前評価を行ない、その後、発明審査委員会で大学が権利継承するか否かを審議し決定します。
特許権に係る権利継承等のガイドラインを参照ください。
3. 特許出願
特許出願することが決定した場合に、特許事務所に依頼し特許庁へ特許出願を行ないます。また企業等との共同出願の場合には、「共同出願覚書」の締結を行ないます。
特許共同出願覚書(大学・企業)雛型[Wordファイル][PDFファイル]を参照ください。
特許共同出願覚書(大学間)雛型[Wordファイル][PDFファイル]を参照ください。
4. 出願審査請求対応及び拒絶対応
出願2年半以内に、本学発明者や企業等の共同出願先の意向を確認し、委員会で出願審査請求の要否を審議し、出願審査請求をすると判断した場合には、特許事務所を通じて特許庁へ審査を請求します。 出願審査請求後は、審査結果を受け拒絶理由通知等の対応を行ないます。
5. 特許登録
特許査定を受け、特許料等を支払うことで特許登録されます。

特許出願手続きに関するフロー図

発明届の提出~発明審査委員会での審議 特許出願手続 審査請求~特許権登録~登録補償金支払手続

大分大学 産学官連携推進機構 〒870-1192 大分市大字旦野原700番地
copyright©大分大学. All Rights Reserved.