大分大学産学官連携推進機構

技術のご相談・お問合せ

ABOUT産学官連携推進機構とは機構概要

機構長あいさつ

副学長 守山 正胤副学長 守山 正胤

大分大学は、その使命を「大分大学は、人間と社会と自然に関する教育と研究を通じて、豊かな創造性、社会性及び人間性を備えた人材を育成するとともに、地域の発展ひいては国際社会の平和と発展に貢献し、人類福祉の向上と文化の創造に寄与する」(基本理念)とし、大学憲章の中で、「地域拠点大学として、教育・研究・医療の成果を地域社会に還元することにより、地域社会との連携と共存を図り、その発展に貢献する」ことを社会貢献の目標として掲げています。また今後6年間の第3期中期目標・中期計画を見据えた本学のビジョン(大分大学ビジョン2015)の中でも、「地(知)の拠点としての機能の高度化」を重要な施策としてとらえ、産学官連携等の地域との連携を深化させ、本学がもつ教育・研究成果や様々な資源を活用し、社会にイノベーションをもたらすような「地域における知の創造」の実現を図り、中核的拠点として、地域の教育・福祉・医療・産業などの各分野における課題解決に貢献することを推進していこうとしています。

産学官連携推進機構は、これらの使命・目標を実現するために、円滑な産学官連携を推進することを目的として、平成23年4月1日に、旧イノベーション機構を改組して、産学官連携部門及び知的財産部門の2部門からなる組織として発足しました。

産学官連携部門は、産学官連携及び地域連携に係る共同研究・受託研究の推進と人材の育成、地域産業における新しい技術シーズの創出、ベンチャー精神に富む創造的人材の育成などの業務を行っています。一方、知的財産部門では、知的財産の創出、権利化、管理、活用に関する支援、技術移転、起業相談などの業務を行っています。この2つの部門には専任教員を配置するとともに、産学官連携部門に産学官連携コーディネーターを配置し、共同研究や業務委託等、企業や自治体との連携に関する企画・調整、技術相談、技術移転支援など、学内外との連携業務に対するワンストップ・サービスを提供しています。

また、平成27年4月1日には、研究の入り口(研究資金獲得)からその出口(成果の社会還元)に至る一貫したサポートを強化するために、本学での重点研究を行う全学研究推進機構と連携してURA(University Research Administrator)チームを設置しました。このURAチームには、専任の教職員を配置し研究と産学連携活動を一体となって支援し、知的創造サイクルの好循環を推進することを目指しています。

地方の時代、地方の創生が我が国の最も重要な課題とされる中、大分県とそれを取り巻く地域が抱える課題に向けた取組に対して、本学は中核的拠点として最大限のコミットメントを行ってまいります。産学官連携推進機構では、本学の教育・研究・医療の成果を地域社会に還元し、大学の使命の1つである社会貢献活動に積極的に取り組んで行きます。学内の教職員及び学外の関係機関の皆様には、産学官連携推進機構の活動に対してご支援とご協力を賜りますよう、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

令和元年 10月1日
産学官連携推進機構長
理事(研究、社会連携、産学連携、地域医療人材育成・福祉担当)
副学長 守山 正胤

産学官連携推進機構概要

概要

産学官連携推進機構は、前身組織であるイノベーション機構の中心組織であった、「地域共同研究センター」、「ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー」、「知的財産本部」の役割を引き継ぐ組織として、平成23年4月1日に設置されました。この機構は、「産学官連携部門」、「知的財産部門」の2部門から構成され、部門間における密接な業務連携を図るとともに、学内外との連携業務に対するワンストップ・サービスを提供します。

また、産学官連携活動において重要な役割を担うコーディネーターについては、「工学系連携」、「医学系連携」、「地域連携」の各産学官連携コーディネーターを配置し、コーディネート案件に対しては特許化・技術移転まで一貫して関わることにより、産学官連携活動と知的財産活動との連携を強化した体制としています。

各部門業務

産学官連携部門
  1. 技術相談
  2. 共同研究・受託研究支援
  3. 自治体との連携事業支援
  4. シーズ等の学術情報提供
  5. 産学交流会・研究発表会等の開催
  6. 人材育成事業
知的財産部門
  1. 知的財産の創出・取得・管理・活用
  2. 技術移転
  3. 起業相談
  4. 利益相反
  5. 安全保障輸出管理
  6. 人材育成事業
共通業務
  1. 機構の将来構想
  2. 機構の中期目標・中期計画,事業評価
  3. 機構に関連する概算要求等,各種予算要求
  4. 社会貢献事業,機構に関連する課題のGP等の各種事業の調整・対応
  5. 国内外の研究動向及び社会的要請に関する情報の収集及び提供
  6. 各種報告書の刊行

産学官連携推進機構の運営体制図

産学官連携推進機構の運営体制図

アクセス方法

〒870-1192
大分県大分市大字旦野原700番地
大分大学 産学官連携推進機構
[ Google MAP ]

大分市内までのアクセス

  • 連絡バス(大分空港発):約1時間
  • 電車(小倉駅発):約1時間

大分市内から大分大学(旦野原キャンパス)までのアクセス

バスを利用する場合

「大分駅前3」「大分駅前4」「中央通り①」のりば発

1
  • 「大南団地・高江ニュータウン」 または 「大分大学」行き 乗車
  • 乗車時間 約30分
  • 「大分大学正門」または「大分大学(構内)」下車
  • 徒歩 約10分
  • 大分大学産学官関連推進機構
2
  • 「戸次」「臼杵」「竹田」「佐伯」行きのいずれかに乗車
  • 乗車時間 約30分
  • 「大分大学入口」下車
  • 徒歩 約10分
  • 大分大学産学官関連推進機構
電車を利用する場合
  • 大分駅・JR豊肥本線 乗車
  • 乗車時間 約15分
  • 「大分大学前駅」下車
  • 徒歩 約10分
  • 大分大学産学官関連推進機構

大分大学構内地図

構内地図はこちらからご確認ください。